このページのリンク

<図書>
外国人労働者論 : 現状から理論へ : global approach / 梶田孝道, 伊豫谷登士翁編
ガイコクジン ロウドウシャロン : ゲンジョウ カラ リロン エ : global approach

出版者 東京 : 弘文堂
出版年 1992.7
大きさ vi, 367, ivp ; 20cm
本文言語 日本語
書誌ID TB00082761

書誌詳細を表示

内容注記 外国人労働者問題 : 理論形成に向けて / 伊豫谷登士翁, 梶田孝道 [執筆]
移民・国家・世界経済 : 歴史的・理論的考察のために : 国家と家族 / 木前利秋 [執筆]
外国人受け入れの法的論理 : 外国人・移民の法的地位 / 広渡清吾 [執筆]
避けられない課題 : 戦後日本経済における外国人労働者 : 日本経済と外国人労働者 / 伊豫谷登士翁 [執筆]
「外国人労働者問題」と労働市場理論 : 移民と労働市場 / 式部信 [執筆]
外国人労働者送り出し国の社会的メカニズム : フィリピンの場合 : 労働力輸出 / 菊地京子 [執筆]
同化・統合・編入 : フランスの移民への対応をめぐる論争 : エスニック・コンフリクト / 梶田孝道 [執筆]
移民労働者の地理的集中と住宅問題 : 西ヨーロッパ諸国の比較 : セグリゲーション / 下平好博 [執筆]
「ジャパゆきさん」現象再考 : 八〇年代日本へのアジア女性流入 : 女性移民 / 伊藤るり [執筆]
都市的秩序の崩壊 : メキシコにおける都市の「インディオ化」 : 共同体 / 清水透 [執筆]
一般注記 内容: 執筆者紹介, 序章: 外国人労働者問題, I: 法・国家と移民(「移民・国家・世界経済」, 「外国人受け入れの法的論理」), II: 国際労働力移動(「避けられない課題」-「外国人労働者送り出し国の社会的メカニズム」), III: 社会変容と文化葛藤(「同化・統合・編入」-「都市的秩序の崩壊」), あとがき(梶田孝道, 伊豫谷登士翁), 索引
文献一覧: 各章末
著者標目  梶田, 孝道(1947-) 編 <カジタ, タカミチ>
 伊豫谷, 登士翁(1947-) 編 <イヨタニ, トシオ>
 木前, 利秋(1951-2013) [ほか] 執筆 <キマエ, トシアキ>
 広渡, 清吾(1945-) <ヒロワタリ, セイゴ>
 式部, 信(1951-) <シキブ, マコト>
 菊地, 京子(1942-) <キクチ, キョウコ>
 下平, 好博(1955-) <シモダイラ, ヨシヒロ>
 伊藤, るり(1954-) <イトウ, ルリ>
 清水, 透(1943-) <シミズ, トオル>
件 名 BSH:外国人労働者
NDLSH:労働市場
NDLSH:移民・植民
NDLSH:外国人労働者
分 類 NDC8:366.8
NDC9:366.89
ISBN 4335550510
NCID BN07884270

所蔵情報を非表示

書庫2AB 和書7・8版(300-599)
366.8/Ka23g 106090973 書き込みあり(2019.12.13確認)



 類似資料