このページのリンク

<図書>
横断する文学 : 「表象」臨界を超えて / 芳川泰久著
オウダン スル ブンガク : ヒョウショウ リンカイ オ コエテ
(ミネルヴァ評論叢書 : 文学の在り処 ; 4)

出版者 京都 : ミネルヴァ書房
出版年 2004.9
大きさ iv, 325p ; 20cm
本文言語 日本語
書誌ID TB00057125

書誌詳細を表示

別書名 異なりアクセスタイトル:横断する文学 : 表象臨界を超えて
内容注記 序 スキノピーティスのように : <表象>秩序の変換のために
"不気味"の構造 : 漱石・時間・表象
前略、大江健三郎様 : 地形図的倒錯をめぐる『懐かしい年への手紙』への手紙
魂と暗喩 : 小説家の"回心"について
禁忌のトポロギー : 空間の不可能あるいは三島的<時間>の生成
拝啓、三島由紀夫様 : 自由と符丁をめぐる『豊饒の海』への手紙
横断的、反=創建的 : レイナルド・アレナス発見
小説という脱≠領土 : プルーストという書記動物
≪ある晩≫の一語と<小説>生成 : バルト 批評家の"愚行"について
欲望と表象 : うつむく鏡花 あおむく鏡花
<国境機械>について : 多和田葉子あるいは母語の異邦人
歩行するエス : 古井由吉 人=影の切断
歩くように : デュラス 書くことの脱=領土化
揺れる名 : 深沢七郎 越境する固有名
自由を聴き分ける耳 : 井伏鱒二 耳のクレオール
著者標目  *芳川, 泰久 著 <ヨシカワ, ヤスヒサ>
件 名 BSH:小説
BSH:作家
分 類 NDC8:902.3
NDC9:902.3
ISBN 4623040658
NCID BA68861958

所蔵情報を非表示

本館2F 開架閲覧室
902.3/Y89o 105038768




 類似資料