このページのリンク

<図書>
井上光晴
イノウエ ミツハル
(日本の原爆文学 / 「核戦争の危機を訴える文学者の声明」署名者企画 ; 5)

出版者 東京 : ほるぷ出版
出版年 1983.8
大きさ 325p ; 23cm
本文言語 日本語
書誌ID TB20060924

書誌詳細を表示

内容注記 手の家
地の群れ
夏の客
母・一九六七年夏
明日
プルトニウムの秋
原子力潜水艦をむかえる基地市民の感覚
被爆者の夏ー季節
生きるための夏ー自分のなかの被爆者
被爆者を差別する立場
逆流する重たい時間
「前科三犯」の被爆者
病み犬を連れた老婆ー『地の群れ』の舞台
「七〇年夏」への告発
生者も死者も被爆者ー原点への引戻し
解説 現代の煉獄の作家・井上光晴 / 夏堀正元著
解題 / 黒古一夫著
一般注記 著者の肖像あり
著者標目  *井上, 光晴(1926-1992) <イノウエ, ミツハル>
分 類 NDC8:918.6
NDLC:KH6
NDLC:KH191
NCID BN01409048

所蔵情報を非表示

書庫2C 和書7・8版(700-999)
918.6/N771n/1-5 000561936




 類似資料