このページのリンク

<図書>
阿弥陀信仰 / 伊藤唯真編
アミダ シンコウ
(民衆宗教史叢書 ; 第11巻)

出版者 東京 : 雄山閣出版
出版年 1984.7
大きさ 360p, 図版 [4] p ; 22cm
本文言語 日本語
書誌ID TB20166100

書誌詳細を表示

内容注記 奈良時代における弥陀信仰 / 藤島達朗 [執筆]
平安時代における法華信仰と弥陀信仰 : とくに『法華験記』と往生伝の研究を中心として / 橋川正 [執筆]
山の念仏 : その起源と性格 / 薗田香融 [執筆]
郷里の念仏 / 柴田實 [執筆]
日本浄土教成立前史における念仏集団について : 地蔵講の形成と弥陀・地蔵両信仰の通有性を中心として / 里内徹之 [執筆]
浄土信仰と聖の活動 / 伊藤唯真 [執筆]
阿弥陀仏号について / 吉川清 [執筆]
阿弥陀信仰の基調と特色 / 伊藤唯真 [執筆]
来世浄土と阿弥陀仏 : 浄土念仏の二要素 / 田村芳朗 [執筆]
『日本往生極楽記』の浄土往生思想をめぐって : 平安時代浄土往生思想の一考察 / 関口忠男 [執筆]
平安朝における来迎信仰の展開 / 石橋義秀 [執筆]
浄土願生者の苦悩 : 往生伝における奇瑞と夢告 / 西口順子 [執筆]
密教における弥陀思想 / 泉浩洋 [執筆]
二十五菩薩来迎の思想について / 藤井智海 [執筆]
阿弥陀仏の造像について / 石田茂作 [執筆]
極楽絵 / 真保亨 [執筆]
迎講の一考察 / 伊藤真徹 [執筆]
当麻寺の迎講 : 擬死再生儀礼から来迎会儀礼へ / 須田勝嶄仁 [執筆]
十夜念仏と亥子・十日夜の行事 / 竹田聴洲 [執筆]
阿弥陀信仰の研究成果と課題 / 伊藤唯真 [執筆]
一般注記 内容: 序(伊藤唯真), 第一篇: 阿弥陀信仰の史的展開(「奈良時代における弥陀信仰」-「阿弥陀仏号について」), 第二篇: 阿弥陀信仰の思想的基調(「阿弥陀信仰の基調と特色」-「二十五菩薩来迎の思想について」), 第三篇: 阿弥陀信仰と芸術・儀礼・民俗(「阿弥陀仏の造像について」-「十夜念仏と亥子・十日夜の行事」), 第四篇: 阿弥陀信仰の研究成果と課題, 執筆者紹介
主要参考文献: p358-360
収載論文の初出: 「阿弥陀信仰の研究成果と課題」文中に掲載
著者標目  伊藤, 唯真(1931-) 編 <イトウ, ユイシン>
 藤島, 達朗(1907-1985) <フジシマ, タツロウ>
 橋川, 正(1894-1931) <ハシカワ, タダシ>
 薗田, 香融(1929-) <ソノダ, コウユウ>
 柴田, 実(1906-1997) <シバタ, ミノル>
里内, 徹之
 吉川, 清 <ヨシカワ, キヨシ>
 田村, 芳朗(1921-1989) <タムラ, ヨシロウ>
 関口, 忠男(1935-) <セキグチ, タダオ>
 石橋, 義秀(1943-) <イシバシ, ギシュウ>
 西口, 順子(1936-) <ニシグチ, ジュンコ>
泉, 浩洋
 藤井, 智海(1913-) <フジイ, チカイ>
 石田, 茂作(1894-1977) <イシダ, モサク>
 真保, 亨(1931-) <シンボ, トオル>
 伊藤, 真徹(1904-1984) <イトウ, シンテツ>
 須田, 勝嶄仁(1947-) <スダ, マサヒト>
 竹田, 聴洲(1916-1980) <タケダ, チョウシュウ>
件 名 NDLSH:阿弥陀仏
NDLSH:民間信仰
分 類 NDC8:186.8
NDC8:188.6
NDC8:162.1
NDC6:164
NDC8:164
NDLC:HK33
NDLC:HM151
LCC:BQ4690.A74
ISBN 4639003730
NCID BN02300113

所蔵情報を非表示

書庫2AB 和書7・8版(300-599)
387/Mi47m/11 190109128




 類似資料